ブログに記載の実話に涙 うまい展開にも読み入る

ブログを読んでいたら、実話に泣いてしまった。
ある女優は生き別れた息子と対面する話だった。
しかし、その話は女優からして不釣り合いだったが、読むうちに泣いていた。女優は生まれた息子を避けるように仕事に打ち込んでいた。そんな中、仲良くなろうと息子はアスレチックに誘うも逆に溝ができてしまう。そんな中、叔母から学校でいじめられているかもと打ち明けられる。下校途中に追いかけたが、道路でボールを投げつけられる息子を目撃する。勇気を振りしぼっていじめっ子に対峙するように促すが、怖くてできなかった。父親を亡くして落ち込んでたのだ。家についた二人は、父親からの手紙を開ける。そこに遺書が入っていた。父親は二人を案じて言葉を残していたのだ。
コミカルで笑ってしまう内容なのに物語に強弱がしっかりとついていた。いじめがあるが、それを解決しようする姿に涙した。二人の関係が親密になっていく展開はうまい。ただし、お涙頂戴の話に乗せられてような気がした。ロスミンローヤル 電話番号