雨の日は道路が滑るので、自転車は気を付けて

先日、車を運転していて思わずヒヤッとするような場面に遭遇してしまいました。
その日は、前日の夜からしっかりとした雨が降り続いていて、朝から会社に行くのが憂鬱になるような厚い雲に空が覆われていました。
こういうときにはとても路面が滑りやすく、自転車に乗るときには注意が必要です。
私が車で会社に向かう途中、前を高校生の自転車が走っていました。
細い住宅街の道だったのですが、自転車を追い抜こうとしたときに、目の前でふらふらと自転車が倒れたのです。
おそらく、自転車のタイヤが濡れた路面に取られてしまったのだと思います。
ちょうど道の側溝の金属のふたの部分だったので、簡単につるんと滑ってしまったのでしょう。
しかし、これから追い抜こうというタイミングだったので、あわや事故に繋がる本当に危険な一瞬でした。
幸いアクセルを踏み込む前だったので、ブレーキを踏んで、直前のところで停まることができました。
でも、ここ数年いちばんどっきりした瞬間でした。
どんなに気を付けていても、目の前で自転車が転倒するというところまでは予想がつきません。
でも、いざそういうことが起これば、人身事故となってしまいます。
雨の日の運転は車を運転する側も、自転車を運転する側もじゅうぶんに気を付けなければならないと思いました。