社会人としての精進はパターンを己のものにしていく事。

受験シーズンですが社会人になっても毎日が勉強の日々ですね。新聞を読んだりニュースを見たりして世の中を知ることも大切ですが仕事に直接繋がる専門知識やビジネス書を読んだりすることも社会人にとっては大切でしょう。私は最近英語に興味があって動画サイトや映画で流暢な英語を真剣に聞いたりして「耳」を鍛えています。ゆっくりした発音なら聞き慣れた単語なら聞き取れるのですが会話レベルになるとさっぱり聞き取れません。そこで一つの結論に至りました。自分で喋ることのできるスピードでは聞き取れるのに対してそれ以上になると聞き取れなくなります。早くても短くて話せる文章なら簡単に聞き取れます。「I have a pen.」なんてどんなに早くても聞き取れますよね。自分の中でパターン化されたものは英語に限らずスッスと出てくるものです。やっぱりたくさん練習して自分の中の英語のパターンを増やしていくことが一番の訓練だと思いました。

路線図をじっくりと眺めてみることの楽しさ

私は、電車の路線図を眺めるのが好きです。でも、決して電車オタクではありません。

自分の住んだことのある駅や行ったことのある駅、友人の最寄駅や名前だけ知っていた駅などを路線図で改めて確認すると、新しい発見もあったりして面白いです。また、どんな風に移動すれば効率的か考えるのも、頭の運動になる気がします。

電車の中でも眺めたりしますが、手持ちの路線図もあります。どうやって移動しようかと悩んでいる時に、サッと路線図を出すと、驚かれることも多いのですが、ネットで見るよりも紙で見る方が、圧倒的に見やすいので、色々な人にオススメしています。

私が路線図を見るようになったのは、就職活動をしていた時でした。路線図無しでは、乗り切ることはできなかったと思います。そのおかげもあって、東京の電車には詳しくなれましたし、地理の感覚もつかめるようになりました。

ちょっとした時間潰しにもなりますし、知っていて無駄になることでもないので、これからも路線図を研究していきたいと思います。