公式に関する単なる会合についての声明

俺は、本読み会という名ではないけれど、書物のことを仰るような集会に、時として参加します。みなさん、色んなお話があるので、興味があるお話だったら、参加してみようかなという感じです。書物の反作用を前にでて披露し当てはまる、ビブリオバトルという機会もありますが、それは、苦手だ。トップを決めるというのも、何か馴染めないところがあります。それで、お話ごとに喋るだけの土俵に参加するようになりました。この前は、お話がネコという土俵に参加して、フォトになった、「背景から猫が消えたなら」を読みました。俺は、犬も猫も飼ったことがあるので、犬派でも猫派でもありません。夢想で、確かにフォトにするのに良しだろうな、という解説で、面白く掴むことができました。その会は、概ね月収あるのですが、ネコの次のお話は、やっぱイヌだろう、というため、この間、イヌのため集まってきたところです。今度は、少し前の直木賞受賞作品、「昭和の犬」という書物を借りました。現在、読んでいるところです。嬉しいですね。どちらの書物も、そういった突破口がないと読まなかっただろうと見えるので、そこが、いいところです。

子供のいる人に問いたい、おもちゃとの付き合いかた

子供のおもちゃって、いつの間にか増えてますよね。
おじいちゃん、おばあちゃんがクリスマスや誕生日に買ってくれたり、外食のセットについているおもちゃ、ゲームセンターでついついやってしまうガチャガチャなど、おもちゃは色々なところから家に入ってきます。
でも、家にあるおもちゃ全部で遊んでいますか?特におまけのおもちゃってすぐに遊ばなくなりませんか。
我が家では誕生日やクリスマスなど、おもちゃが入ってくるのがわかっているときに、子供たちとおもちゃの断捨離をします。始めはみんないると言っていましたが、慣れてくると、いらないものはいらないと判断できるようになってきました。
一度入ってきたおもちゃを処分するのは辛いのて、今はなるべくおまけのおもちゃは家に入れないようにして、誕生日やクリスマスは本やゲーム、小さいおもちゃを選ぶようにしてものが増えないようにしています。
ものを大切にしてもらいたいので、これだと頻繁に処分しなくてすみます。

とあるテレビ番組を見ていて思い出した幼い日の記憶

随分と昔の話ですが、テレビで「初めてのおつかい」という番組を放送していました。
その番組の内容は大したことではなく、小さな子供が番組スタッフ(恐らくカメラマン)と一緒に買物に出かけるというものです。
あまりにくだらない番組だったので、途中から私は自分の思考の世界にハマっていました。
そう言えば初めておつかいをしたのはいつ頃だったかなと、思いを巡らせました。
ハッキリと記憶にはありませんが、私が覚えている一番最初は小学1年の夏休みだったような気がします。
私の記憶が正しければ、その時買ったのは飴ちゃんだったと思います。
家族でボードゲームか何かをやっていて、一番負けた人が近所の駄菓子屋で何か買ってくるという遊びをしていたと思います。
その時の私は100円の小遣いを握りしめて飴ちゃんを10個買ったのを覚えています。
さすがに何の飴ちゃんだったのかまでは覚えていませんが。
今考えると懐かしいです。100円で飴ちゃんが10個も買えたんですよ。
今なら1個しか買えないでしょう?

衝撃の告白、実は私…○○○したこと無いです

今夜も安閑とした夜です。
いつもながらに自室でテレビを見ながらブログ書いてます。

ブログの内容に困ったので、ポータルサイトのアンケートのページを見始めました。
最初に見かけたのが、この質問です。
「LINEで送り間違いをしたことある?」
私は、これは無いです。
だって、LINEやってないので。

これを言うと、大概の人に驚かれます。
「ウソーっ、LINEやってないの!?」って感じで。
そう、私ってばLINEやってないんです。
実はSNSって、全くやってません。
一時期やってたけど、すぐにやめちゃいました。
仕事が忙しくなったりで、やりとりのヒマが無くて。

SNSって、誰かからのメッセージへの返信で大変になりがちですよね。
私も一時期は、振り回されて大変でした。
ある人には「お前が落ち着きが無いから、振り回されるんだろ」言われてしまいました。
その通りなので、言い返せません…。
その人は落ち着いた人で、そういうので振り回されない感じです。
あーあ、ああいう人ってうらやましい。
ああいう人はLINEやSNSやっても、自分のペースも崩れず楽しめるだろうなー。
…でもあの人も、例えば仕事で忙しいときにメッセージが来てイライラしてそうですけどね。ミュゼ 2人